まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

単語の知識はどの程度必要か?

前回までは英語学習の準備段階で1冊の文法書をしっかり覚えましょうということを解説してきました。

しっかり覚えると言っても、全編暗記するのではなく、出ている英文を全て、日本語と同じ早さで声に出して読んでも意味が把握できて、リスニングCDを音声に続けて繰り返し声に出すということが完璧に出来て、なおかつそれをしながら意味を思い浮かべる。

以上の事が全ての例文で出来たら、文法書での学習は完了です。

おそらく1冊の文法書をしっかり終えたあなたはある程度の英文は読めるようになっていると思います。

英単語の語彙も最初よりは少し増えていると思いますし、何よりも文法の知識がしっかり身についているはずです。

さて、ここからはいよいよ英語の文章で学習を進めていくことになります。では、その方法をじっくり解説していきましょう。

と、その前に、1つ解説しておきたいことがあります。

それは英単語についてです。

ここまで学習してきたあなたは、英語の文法知識に関しては一通り必要なことは備わっているはずです。

しかし、英単語についてはまだまだ足りないでしょう。とはいえ、英単語帳などで暗記するのはこれまで述べてきたように、とても退屈ですし、あまり意味は無いのでやる必要はないです。

これから英語の文章主体で学習を進めていくので、その文章に出てきた単語を都度覚えていけばよいでしょう。

でも、英単語って全て覚えていかなければいけないの?初心者が中・上級者になるためには、どのくらいの英単語を覚える必要があるの?

という疑問はあるでしょう。そこで、英語を話したり聞いたりするうえで、とにかくこれだけは覚えなければいけない必須単語というものを解説していきましょう。

実は日本語でも同じなのですが、あらゆる言語に使われる単語というのは、ざっくりと高頻出語と低頻出語に分けることができます。

高頻出語というのは、その言語で良く使われる単語です。

対して、低頻出語というのは、あまり使われないような難しい単語です。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。