まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

なぜ日本語だと高速で文章処理ができるのか?

どのような学習方法で英語を習得すれば、効率よく日本語と同じ感覚で理解できるようになるのでしょうか?

それを説明するには、まず、なぜ日本語だとこんなにも高速で文章を処理できるのかをシンプルに考えていきましょう。

実は日本語で、高速にしかも簡単に文章の意味を把握できるのは、文章の構造を無意識のうちにしかも非常に速いスピードで把握する事ができているからです。

文章を左から右に、通常のスピードで文章を読んでいくその間に、文章の構造を無意識で把握して、その文章の意味を解析するということが無意識でできているからです。

英語でも日本語と同じような処理が無意識で出来るようになれば良いのです。日本語と同じスピードで文章を最初から最後まで読んでいくその間に、日本語と同じでレベルの文章処理が無意識で出来るようになればよいのです。

それができるようになる効率の良い学習方法を実践すれば、比較的早いうちに無意識の文章処理は出来るようになります。

実は単語を覚えるよりも、会話の練習をするよりも、リスニングで英語耳を鍛えるよりも、この英語の意味の解析がきちんとできるようになるのが、何よりも英語学習で大事なのです。

これさえできれば、かなりの文章がすらすらと理解できるようになるし、リスニング力だって相当なものになります。

また、通常の日常会話レベルの会話であれば、例え会話練習などをしなくても普通にしゃべれるようになります。

しかし、この英語文の処理能力を向上させるような、無意識で意味を解析できるような練習をしないから、いつまでたっても英語できるようにならないのです。

いくら会話練習をしても、いくら単語や文法を覚えても、いくらリスニング練習をしても・・・。

ちなみに、この「処理能力」のことについては、実は多くの英語学習法や書籍で書かれています。

英語脳とか、英語あたまとか、英語の処理回路とか、言葉は違えど、みんな同じことを言っています。

英語の学習方法を科学的に研究しているSLA研究という分野では、このことを「自動化」とか「認知的流暢性」という風に表現しています。

いずれにしても、多くの書籍や研究で、この言語処理の無意識化、高速化が言及されていることは事実ですし、疑いようのないことなのです。

つまりは、この言語処理の無意識化を身につけなければ、英語は出来るようにはなりませんし、これを身につけることこそが、英語を習得するうえでの最短ルートなのです。

では、この言語処理の無意識化をどのように身につければいいのでしょうか?その方法をこれらかわかりやすく解説していきたいと思います。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。