まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

英語処理を無意識化させるために必要な事は?

前回までは、英語の文章を無意識的に処理できるほどの処理能力を獲得する方法を解説するために、人がいかに動作を無意識化・自動化していくかをブラインドタッチを例に解説してきました。

さて、ここからはいよいよ、英語を処理する際に無意識的にスムーズに処理するための能力をいかに身につけるか、を解説していきたいと思います。

まず、英語も例外ではなく、無意識的に処理するためのいわゆる「慣れ」を身につけるためには、反復した練習が必要になります。

これはブラインドタッチや車の運転などと一緒ですね。

ただ、これらとの違いは、英語は非常に膨大な量の文章パターンがあり、それらに慣れていかなければいけないのです。

ブラインドタッチであれば、限られた量のキーとそれを10本の指でいかに打つかに慣れるだけですが、英語は遥に「慣れる」ためのものがたくさんあります。

さて、ではまずその「慣れる」ためのものの分量は別として、英語の文章処理に単純に慣れるためには何を反復練習すればいいのでしょうか?

これは簡単に予想できると思いますが、答えは文章を処理する事を反復練習する以外に方法はありません。

つまり、英文を見て、それの意味を把握する練習を繰り返し行うことです。

これは英語学習の大前提になるので、この点は忘れないでください。

稀に学習法の中に、とにかく英語を話さないと英語はうまくならないというようなものがありますが、それは全くのでたらめで、正解は英語の文章を把握する事をとにかく練習しないと英語は出来るようにならないのです。

つまり、英語のインプット(英語を読んだり聞いたり)をしつつ、英語の意味把握の練習をしない限りは英語の上達はありません。

いくら文法書で文法を学んでも、いくら単語帳で単語を暗記しても、意味がありません。

また、もう1つ、この大前提から言える間違った学習法です。

それは、とにかく英語を聞き流せば、無意識で英語を学習し、英語ができるようになるというものです。

これも意味が理解できない英語やそもそも聞き取れない英語では全く意味がないことが分かりますね。なぜならあなたが英語の意味を把握する練習には一切ならないからです。

同様に睡眠学習のようなものも全く意味がありません。

さて、英語学習の大前提は、とにかく英語の意味を把握する練習を繰り返すことです。この大前提から外れている学習法は原則的に全てインチキだと考えていただいて結構です。それくらい大事なものです。

では、英語の文章のインプットを繰り返すというのは分かっていただけたと思いますが、どのような文章をインプットすればいいのでしょうか?また、どのような方法が良いのでしょうか?

それはこれから解説していきます。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。