まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

何をインプットすればいいのか?

まず、インプットするべき文章ですが、それはどのようなトピックの文章でも、どの程度の長さの文章でも大丈夫です。

ただし、1つだけ条件があります。

それはあなたが理解できるレベルの英文だということです。つまり、かなり基礎的なレベルの英文で訓練する事が必要になるのです。

この英語の文章を無意識にスムーズに処理する能力(以下、英語処理の無意識化)を身につけるためには

1.インプットする英語文の意味を把握することが可能であること。

2.とにかく反復練習する事

の2つが大事なのです。

1については、意味が把握できないような難しい文章で学習しても、そもそもこの能力を身につけることはできません。

あくまで文章のインプットを繰り返す過程で、その英語文の意味を把握する事が必要なのです。意味を把握していないというのは、その英語文を処理していないのと同じです。そうであれば、英語の処理能力はあがりません。

2については、ブラインドタッチの無意識化でも同じですが、とにかく何度も練習しなければ、出来るようにはなりません。だからこそ、何度も何度も反復練習する事が大事なのです。

しかし、もしあなたが難しい文章で英語を学習すると、まずその文章の意味を把握し、文章の構造自体を理解するのに非常に時間がかかってしまいます。

文章解析に時間をかけていては、その分反復練習する時間が少なくなってしまいます。反復練習の効率が悪くなるのです。

また、脳の研究などによっても、文章を解き明かすための作業負荷が脳にかかると、その分脳が記憶に使う能力が低下する事が分かっています。

つまり、文章解析のための負荷ができるだけ少ない文章で訓練する事が英語処理の無意識化に達する近道なのです。

では、どのくらいの難易度のものにすればいいのか?それはあなたの英語レベルよりも低いくらいのもの、やさしめのレベルの英語で学習する事にしましょう。

同時通訳の神様と呼ばれている國弘正雄氏は著書の中で、英語学習者は中学のリーダーレベルのテキストをとにかく何度も学習する事が大事だということを提唱しています。

新しいものを学ぼうとすると、とにかく難しいところ難しいところにどんどん進みがちです。大は小を兼ねるのように、私もかつては難しい英文を勉強していれば、英語は出来るようになると考えていました。

しかし、英語については全く逆で、難しい英文を勉強していると、どんどん英語ができるのが遅くなるのです。

だから、とにかく簡単なものをとことんまでに練習する事が英語学習では必要になってきます。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。