まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

英語を聞き流すこととの効果の違い

ここからは個人的な体験だなのですが、私は以前この音読やシャドーイングを知らずに、ただ聞き流すだけの学習をしていたことがありました。

難易度は比較的やさしいもので、処理能力の無意識化のためにはちょうどいいくらいの教材でした。

とうぜん、ただ聞き流すだけでも学習効果はあったのですが、やはり聞き流すだけだとどうしても頭に残らないのです。

そして、頭に残らないということは、中々単語も覚えられないし、英語の処理能力もあまりあがりません。

対して、シャドーイングや音読は、聞き流すのに比べ、格段に頭に残りますし、単語も覚えやすくなります。また、何より素晴らしいのは、処理能力を非常に効率的に向上してくれるのです。

私は特にスペイン語の学習ではこのシャドーイングと音読を織り交ぜてやったのですが、英語の時の聞き流し学習に比べ、格段に早く自分がスペイン語を習得していくのが分かりました。

このシャドーイングも音読、特に苦労があるわけでもありませんし、お金がかかるわけでもありません。

確かに、声に出すという労力があるのかもしれませんが、それだけです。

しかしもし、どうしても声に出すのがつらい場合や、公衆の場所でしか英語の学習ができないので声に出すのはちょっと・・・というのであれば、声に出さずに頭の中で黙読のようにつぶやくのも1つの手です。

もちろん、声に出した音読やシャドーイングに比べたら効果は若干劣るかもしれませんが、それでも漫然と聞き流したり読み流したりするよりは全然効果的です。

ちなみに、音読というのは、文字の通り、声に出して英語文を読むことです。シャドーイングとは、テキスト等を見ずに、聞こえてきた音をそのまま繰り返して発音する事です。

シャドーイングはちょっと英語初心者には難しいかもしれませんが、非常にゆっくりのリスニングCDで全然大丈夫なので、ぜひ頑張ってみてください。

あと、これは注意点ですが、英語の処理能力を高めるためには、音読中でも、シャドーイング中でも、かならず英語の意味を思い浮かべながらやってください。

常に、英語の意味把握を英語のままでしながら音読やシャドーイングをするように心がけてください。

特に、シャドーイングは音を繰り返しているだけなら、リスニングの訓練にはなるかもしれませんが、英語の処理能力の訓練にはなりません。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。