まずこちらからお読みください。

注意!! その方法で英語は本当に出来るようになりますか? 今でこそ英語とスペイン語を習得した私が教える、1000時間勉強しても、全然英語ができるようにならなかった間違った学習方法はコチラ

英語の具体的な学習手順

前回はどのような教材で学習したらよいかということを解説しましたが、あなたに合った教材は見つかりましたでしょうか?

さて、今回は、その教材を使った具体的な学習方法を解説していきましょう。

まず、ここでの目標は、必要な単語や文法、構文のパターンや基礎単語の使用法、前置詞などの使い方や違いなど、そういった英語理解に不可欠な基礎知識を覚えつつも、早期に英語処理能力を無意識化のレベルにまで高めることです。

このような目標を念頭においたうえで、まずは学習する文章をざっと眺めてみましょう。なお、眺めるのは最初のパートだけにしましょう。

学習は1個1個のパートを順々にこなしていきます。先に進みたい欲求は出来る限り抑えましょう。また、もし1パートが長いものならば、細かく自分で区切ってもかまいません。

さて、おそらく初心者の方は最初にぱらっと読んだくらいでは分からない文章がたくさん出てくるでしょう。

このような文章を自分の力だけで読解しようとするのは大変ですし、とても時間がかかります。

ですから、自分で翻訳する努力はあまりせずに、軽く眺めたら、すぐに理解できない文章の意味を調べます。

あなたの購入した教材にはきちんと日本語訳なり文章の解説が載っていますね。それを初めから見てしまってかまわないので、まずは教材にある最初のパートの文章を全て理解できるようにしてしまいましょう。

さて、多少時間がかかるかもしれませんが、あなたはここまでで最初のパートの文章の理解が完了しましたね。

多くの人はここで終了してしまうか、さらに単語の暗記や文法の暗記程度を加えたのちに次のパートに進んでしまいますが、あなたはもう少しここのパートにとどまります。

ここが早期に英語ができるようになるか、英語が伸び悩むかの差が生まれるポイントです。

文章の意味を一通り理解したら、次にリスニングCDを用意して、文章の音をしっかり聞いていきます。

そして、ただ聞くだけではなく、テキストを見ながら、聞こえてきた音を頼りに出来るだけ正確な音でテキストを読んでいきます。

このように、音を聞きながらテキストを読むことをパラレルリーディングといいます。ここでの目的は、正しい英語の音をしっかりと身につけることです。

意味の理解はここでは無視してしまってかまいません。その代わり、英語の音に集中して、しっかりと音を覚えてください。

ここで音をしっかり覚えるのは、正しい発音で音読を行うためです。この、「正しい発音で音読をすること」はリスニング力を鍛えるうえでは絶対に必要なことです。

さて、正しい音を身につけたら、ここからは音読に進みます。

次のページへ
前のページへ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。