英語学習初心者が陥りがちな英語学習の意外な落とし穴とは?

これから英語を始めようと思っている英語初心者の方へ。

あなたはどのように英語を勉強しようとしていますか?単語や文法の暗記?英語の文章読解?リスニングCDの聞きながし?洋画のセリフで勉強?

残念ながらいずれの方法でもあなたの英語力はあまり上達しない可能性があります。なぜなら英語学習には絶対にやってはいけない間違った方法があり、それをやってしまうと、ほとんど英語が伸びないなんてことになってしまうからです。

なぜそんなことが言えるのか?それは私自身が間違った学習法を実践してしまったことがあったからです。

そして、その結果4年間も毎日1時間以上英語を勉強していたにもかかわらず、英語力がほとんど上達しなかったのです。

今でこそ、英語に加え、スペイン語もそれぞれの母国語話者と会話するのに、全く不自由しないレベルまで身につけることができましたが、この4年間には驚くほど英語が伸びなかったのです。

海外ラジオのリスニングにはじまり、英会話スクールでの学習、長文の読解練習、市販のテキストを使った学習、洋画や海外ドラマを使った学習など、色々な方法をこの4年間に試してきました。

しかし、私自身の学習法の間違いに気が付くまでに、私の英語力はほとんど伸びませんでした。

当サイトを閲覧されているということは、おそらくあなたは英語初心者でしょう。英語がほとんど出来ない状態からは、どのような学習法を使ってもある程度のレベルまでは行くことができます。

単語を覚えて、文法を覚えて、文章を読んだり話したり。このようなことをすれば、片言の英語が喋れて、簡単な文章を読むことができるレベルまではいけるでしょう。

しかし、ここから先は間違った学習方法を行っていては私と同じような結果になるでしょう。すなわち、どれだけ頑張って勉強しても英語がほとんど伸びないという状況に。

もしあなたが、片言の英語が分かる喋れるレベルで満足だというのならば、どのような学習法でも大丈夫でしょう。何年何十年かかってでも自分のペースで英語を勉強したいというのならば、ご自身の信じる方法でやられるべきでしょう。

しかし、やった分だけ英語ができるようになりたい!無駄な英語学習をするのはゴメンだ!間違った学習方法は極力避けたい!早く英語ができるようになりたい!

このように思うのであれば、きっとこの先の情報はあなたの役に立つことでしょう。

さて、では英語学習の落とし穴、間違った学習法とはどういうものなのでしょうか?

それを説明するために、1つ知っておいていただく必要があることがあります。

それは、英語学習にまつわる間違った思い込みです。

その間違った思い込みとは、「英語は単語と文法をしっかり暗記すれば、英語は理解できるようになる」というものです。

確かに、英語初心者が単語と文法をしっかり暗記すれば、理解できる英語の量は増えるでしょう。

しかし、単語と文法を暗記したからと言って、全ての英語を理解できるわけではありません。

私は大学時代に単語と文法をかなり勉強しました。どちらも上級レベルのものまで完璧に暗記しました。

しかしながら、英語を完璧に理解するなんてレベルには程遠い程度にしか、英語を理解することはできませんでした。

私は大学受験時代に、単語文法だけではなく、かなりの長文読解練習もしました。色々な大学の過去問を解いたり、様々な参考書の長文の読解練習も行いました。

にもかかわらず、日常会話レベルの英語文でも、まだまだ理解できないものはたくさんありました。

そして私だけでなく、大学受験を受けた私の友人全てが私と同じような状況なのでした。

なぜなのでしょうか?しっかり単語も文法も必要以上に覚え、あれだけ難しい文章を山ほど読んだのに、なぜ英語は理解できるようにならなかったのでしょうか?

そして、私はどのようにこれらの問題を解決し、英語が理解できるようになったのでしょうか?

実は、その最大の要因は、英語の習得方法を変えたことでした。

それまでは、リーディングにしろ、リスニングにしろ、英文の意味を理解し、数回読んだり聞いたりを繰り返して、理解できたかな、と思ったら次の文章に移っていました。

しかし、それが大きな間違いであったことに気が付いた私は、もっと深く1つ1つの英語を身につけるようにしたのです。

もう少し角度を変えて言えば、それまで英語を「勉強」していた私は、スポーツや運転、タイピングなどの練習のように、英語を「練習」するようにしたのです。

実は、英語リスニングにしろ、リーディングにしろ、英語の文章を理解するとき、英語上級者と英語初中級者では大きな違いがあります。

英語初中級者は英語を分析的に理解します。

すなわち、どこが主語でどこが動詞で、文法はなんで、itは何を指していて、関係代名詞の先行詞は何で、節と句は何で・・・。

しかし、英語の上級者は英語を日本語と同じように理解します。つまり、英語の文の分析等を行わず、英語を見たり聞いたりしたまま理解しているのです。

あなたも日本語を理解するとき、英語を分析するようには理解していないと思います。いちいち文法なんて考えないし、1つ1つの単語の意味等を深く考えないと思います。

しかしながら、文法や単語の意味を無視しているかというと、それは違います。

「今日を天気が晴れです」なんて文章を見たら、一発で文法がおかしいのは分かりますよね?「ペンギンが動物園から脱走した」という文章を見たら、小さなペンギンがよちよち走りながら逃げている絵を想像しませんでしたか?

つまり、私たちは日本語を理解するときに、単語の意味や文法などを「意識的に」考えて文章を処理するようなことはしていません。しかし、それらを「無意識的に」処理して、日本語の文章の意味を理解しているのです。

実は、これこそが言語理解の正しい状況です。片や英語を分析的に理解する事は「正しい」状況ではありません。それは言語理解ではなく、暗号解析です。

では、どうすれば、「暗号解析」が「言語理解」になるのでしょうか?上級者はなぜ英語を日本語のように理解できるのでしょうか?

ところで、物事を習得するという時、2通りの覚え方があります。1つは、歴史の知識のように、「頭で覚える」覚え方です。

「794年は?」と聞かれれば、「平安京の遷都」です。「高速道路での最高速度は?」「時速100km」、「パソコンで「か」を打つには?」「kとaを押します」

このように、聞かれて答えられるような知識は「宣言的記憶」と言います。知っている、意識的に思いだせる記憶のことです。

もう1つは、「体で覚える」覚え方です。これはスポーツの動きや車の運転、パソコンのタイピングなどです。

ドリブルのやり方や、車の車庫入れのやり方、パソコンや携帯などのスムーズなキー操作です。

このような知識は「手続き記憶」と言われ、意識しなくてもスムーズに出来る物事の記憶のことです。

もうお気づきかもしれませんが、英語や日本語などの言語が該当するのは「宣言的記憶」ではなくて、「手続き記憶」なのです。

つまり、英語をmakeと言えば?「作る」のように、宣言的記憶として覚えるような方法ではいつまでたっても英語は出来るようにならないのです。

自動車の運転やタイピングのやり方のように、英語処理に関わる知識を「手続き記憶」として記憶するような学習方法を行うことによって英語は出来るようになるのです。

では、どうすればいいのでしょうか?それを考える上で、あなたがパソコンのタイピングを習得した時のことを思い出してください。

パソコンのタイピングは言語を覚えるのにとても似ています。

ちなみに、タイピングとは、1本指で打つのではなく、10本の指を使って、キーを見ずに打つ「ブラインドタッチ」のことです。最近では「タッチタイピング」というようですが・・・。

もし、まだ習得していないようでしたら、携帯のキー操作に置き換えて考えてみてください。

さて、パソコンのタイピングを覚える際に最初にすることは、どのキーをどの指で押すかを覚えることでしたね。

kは右手の中指で押す、とか、tは左手の人差指で押すとか。

それを一通り覚えてから、スムーズにそれができるように何度も繰り返し練習をしました。

例えば、タイピングソフトなどを使うと、問題の文字列が表示されて、その文字列を正しい指の配置で押すのでしたね。

最初は、「その文字はどの指だっけなぁ?」なんて考えながらやっても中々スムーズに押せなかったですが、そのうち徐々にタイプするまでの時間が短くなっていきました。

そして、何日間か練習をすると、もう1本指で打っているころよりも早くタイピングができるようになりました。

そして、日常生活でタイピングをしていると、いつしかどの指がどの文字とか、どの文字はどこにあるとかを一切考えなくてもタイピングができるようになっていました。

このレベルのタイピングは、日本語の文章を処理するのによく似ていますね。すなわち、全く意識せずに考えなくても必要な処理をこなすことができるということです。

さて、タイピングがこのレベルに来るまでには、何が必要だったのでしょうか?それは、非常に単純な、タイピングの繰り返し練習でしたね。

ということで、英語の学習においてもこの単純な繰り返し練習が必要だということが分かってもらえたと思います。

ただ、英語はタイピングよりもはるかに手続き記憶化するべきことが事柄がたくさんあります。

それに、繰り返し練習と言っても、何を練習すればいいのでしょうか?

では、引き続きこれらの点と、同時英語学習の落とし穴についても解説していきましょう。

さて、英語を習得するうえで英語処理に必要な知識の手続き記憶化が不可欠なことは理解していただけたと思いますが、英語の処理知識を手続き記憶化するためには、何を「繰り返し練習」すればいいのでしょうか?

それには、まず言えることは、英語の文章を繰り返しインプットする事です。

アウトプットではありません。英語の文章を処理する事を「手続き記憶化」する必要があるのですから、自分からいくら英語を話しても、英語処理に必要な知識は手続き記憶化しません。

以上の理由から、いくら英会話スクールなどに通っても、アウトプット中心の練習をしていては、英語はいつまでたっても理解できるようにはなりません。

このアウトプット中心の練習は私が過去に落ちた英語学習の落とし穴の1つです。

さて、インプット中心は分かったけど、どのような文章をインプットする必要があるのでしょうか?

それは、難易度の低い文章です。

これは理由については色々ありますが、難しい文章でいくら勉強しても、中々英語処理が手続き記憶化する事はありません。

これが、私が大学時代に「難問」の長文読解ばかりをやっていても全く英語が上達しなかった原因です。

同様に、海外のラジオをいくら聞いても英語が上達しなかった原因です。

これら難しすぎる英語で学習するということも英語学習の落とし穴です。

逆に、最も効率よくあなたの英語知識を手続き記憶化するには、英語文章の難易度はちょっと簡単すぎるかな?というものが最適です。

そのようなレベルの英語の方が遥に早く英語処理に必要な知識が手続き記憶化します。

では、その文章のレベルとは?

それは、日本語と同じくらいのスピードで音読してみて、全ての意味を完璧に把握できない英語文は学習対象とすべき英語文と言えるのですが、その中でも最も簡単な英語文を学習すべきでしょう。

そのような英語文を何度も何度も練習し、その英語文にある知識を手続き記憶化します。それが終わったら、次の文章に行きましょう。

ところで、英語文を処理するには、単に黙読したり、リスニングCDを聞き流すだけでいいのでしょうか?

それだけでも構いませんが、断然学習効率を上げるには、音読やシャドーイングが効果的です。

音読とは、「声に出して」英語の文章を読むことです。シャドーイングとはテキストを見ずに、聞こえてきた英語を「声に出して」反復する事です。

どちらも、色々な研究や実験で高い学習効果があると認められている方法なので、ぜひ実践してみてください。

あなたが学習している英語の文章で、日本語と同じスピードで音読しても意味が完全に理解でき、さらに完璧に意味を理解しながらシャドーイングができれば、あなたはその英語文章を完璧にものにしたと言えるでしょう。

そうなるまで、繰り返し1つの文章を練習するのが、英語習得の近道と言えるでしょう。

さて、さらにもう1つだけ、英語処理知識の「手続き記憶化」に必要なことがあります。

英語を処理するための基盤となる知識はそこまで多くはありません。英語文の構造やルールの理解、さらに、あらゆる英語の文章の8〜9割を占める高頻出語と言われる基礎単語がそれに当たります。

これらを含む文章をしっかり音読やシャドーイングをして、これら知識を「手続き記憶化」するということが、必要なのですが。

これらをするには、上記のような英語の基盤となるような知識を含む英語文を学習する必要があります。

これら全ての知識を漏れなく含み、さらに重複なく効率よくこれら基礎知識を全て学習していくことが大事なのです。

そのためのテキスト選びというのは、その後の英語学習効率を大きく左右しますので、ぜひ慎重に行ってください。

目安としては、高頻出語(おおよそ高校レベルの単語)と文法、さらには頻出の言い回しは句動詞などをすべて含んでいるような文章です。

ただ、上記の条件に該当する教材を選ぶのは中々難しいと思いますので、いかに目安として、私がオススメする英語教材を記載します。

是非参考にしてみてください。

英語教材 オススメ度 第一位

スピードラーニング

超初心者からでも始められて、なおかつ必要な英語基礎知識を効率よく学べるように作られている最もオススメな教材です。

まず、スピードラーニングは英語を全く知らない人からでも学べるような作りになっています。

そして、この教材自体が、文法を全く勉強しなくても、教材を学習していくだけで英語習得に必要な基礎知識をしっかり身につけられるような作りになっています。

実は、多くの教材がある程度の英語前提知識を必要としていたり、文法知識を必要としているので、超初心者からでも安心して始められる教材というのは多くはありません。

そんな数少ない超初心者から始められる教材であり、しかも英語を効率的にしっかり学習できる優良な教材です。

私個人的には、超初心者が英語を始めるには、唯一と言っていいくらいの優秀な教材であると思います。

長所短所を含めた詳しい解説はコチラ

英語教材 オススメ度 第二位

スピークナチュラル

スピークナチュラルは超初心者の人でも安心して英語が学べるくらい簡単なレベルからスタートできる教材です。

まず、非常にシンプルだけどとても重要でよく使うような会話を中心とした英文で学習するようになっています。

とてもシンプルな会話文なので、文法や単語の知識がほとんど無くても理解できるようなものです。

リスニングについても、初心者からきっちり聞き取れるように、単語と単語のあいだに間をもうけて、1つ1つの単語をしっかり聞きとれるような工夫がされています。

英会話教材は実際にたくさんあるけれども、ここまで簡単な英語を重点的に学べる教材というのはなかなかありません。

大体の教材は初心者からOKと言っていても、いくつか進んだ段階で急速に難しくなるか、最初から難しすぎるかなのですが、この教材であれば、中学レベルで挫折した人や、完全に英語を忘れ去ってしまった人でも大丈夫でしょう。

また、価格も英語教材の中では比較的安い方だし、それなのに、電話での無料のレッスンも受けることができます。

今まで英語の本やテキストを買ったことがあるけど、難しすぎて挫折したという人や、本当に英語が嫌いという人にはとてもオススメの教材です。

長所短所も含めた詳しい解説はコチラ

告知エリア

当サイトが最もオススメする英語教材です。

海外ドラマや映画で英語を勉強するなら、これが一番使いやすくて安くて便利です!!
まずは2週間の無料トライアルで!

huluを使った英語学習方法の解説はコチラ

アンチ英会話スクールな管理人ですが、どうせ行くならここが一番です。
トライアルレッスンで違いを確認してみてください。